バイク買取業者 比較

TOP>>バイク買取業者を徹底比較

買取業者、買取のメリット・デメリット

最近では、バイクの買取の専門業者が出てきています。テレビのコマーシャルでも宣伝されているので、大手どころはいくつかイメージできる人も多いでしょう。

専門業者に買取を依頼するメリットですが、まず自宅に出張買取してくれるところでしょう。ネットもしくは電話を使って申し込みをすれば、自宅に査定員が来てくれます。希望すれば、深夜の時間帯でも出張買取してくれる業者もあります。

また、買取に必要な手続きについて、すべて代行してくれるところもメリットです。自分で行う煩わしさから解放されるところが魅力といえます。

また事故車や不動車、ローン残債のあるバイクでも売れるというのもメリットでしょう。ローンの残債は、組み換えがきくので、売却が可能になるわけです。

ただし、買取専門業者を利用することには、デメリットもあります。

買取額ですが、オークションを利用したり、個人で売買するのと比較をすると、どうしても安くなります。自分たちの取り分が上乗せされますので、どうしてもその分がマイナスになるわけです。

また、買取専門業者の中には、悪質な業者もあるかもしれません。これは、デメリットというよりもリスクの側面かもしれません。ですから、安易に売却をする対象の業者を選ばないようにすべきです。

最近では、インターネットで、いろいろな業者の評判はチェックできます。ですから、インターネットで情報を確認して、大丈夫な業者に売却をしましょう。

販売店によるバイク下取りのメリット・デメリット

バイクの買取を行っている人も多いでしょう。その中でも、バイクの販売店で、現在使用しているバイクを下取りに出すというパターンは、けっこうポピュラーなところがあります。

販売店で、下取りに出すメリットについてですが、バイクが不在という事態を避けられるのがメリットでしょう。下取りに出すということは、新しバイクをその販売店で購入することを意味します。そこで、購入したバイクが、決まった日に納車されると思います。

このときに、現在のっているバイクを相手に引き渡すことになります。ということは、バイクがないとか、代車のバイクが必要になる事態を、避けることが可能です。

通常、新しいバイクに乗り換える場合、名義変更の手続きなどを行わなう必要があります。しかし名義変更の手続きについても、販売店の方で代行で行ってくれます。ですから、当人の手間が省けるというところもメリットでしょう。

しかし下取りの場合、デメリットがあることも理解しましょう。下取りということは、あなたの売却したバイクを販売店の方で、保持することになります。すぐに売れればいいかもしれませんが、場合によっては、なかなか売却できないケースもあります。となると、販売店が、メンテナンスコストを負担しないといけません。

ということは、ほかのところで、バイクの買取をお願いするときと比較すると、査定額がランニングコスト分、安くなってしまう可能性が高いです。メリットとデメリットを比較して、結局自分にとってプラスになるのか、確認しましょう。

バイク買取業者を徹底比較【中古バイクを高く売るコツ!】メニュー

性別のボーダレス化